仮想通貨、ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、アルトコインの情報をお伝えしていきます!

仮想通貨のマイニングも含めて確定申告やっと提出!

ふぅ~すっきり!この解放感!

やっと確定申告終わりましたよ。

この半月ばかりの間、

何をするにも頭の片隅に

「確定申告」

がはりついてました。

今年こそは早くしようと思ってましたが

全然早くなかったですね(;’∀’)

でもとりあえず終わって一安心です。

マイニングも事業所得としました。

今年の確定申告作業がどんなだったかといいますと

例年に増して頭がごちゃごちゃしました。

昨年12月からはじめたマイニングの収入をどうするのか?

ここが問題でした。

雑所得?それとも事業所得?

私はもともとフリーランス(個人事業主)で青色申告なので、

モナコインのマイニング収入も事業所得としました。

昨年は1か月程度のマイニング期間ですが、

今年はそれなりに収入としてあがってくるので

しっかりと計上していかないとですね。

確定申告っていうより帳簿づけが大切!

今回あらためて思ったのですけど、

確定申告の書類作成はそんなに難しくないのですよ。

帳簿づけが大変なんです!

青色申告するには複式簿記で帳簿付けしないとなんですね。

でも会計ソフトにちゃんと売上や経費の数字を入れていけば

自動で色々と必要な帳簿を作成してくれます。

(ちなみに私はこれでつけてます→わくわく青色申告

なので計算が大変とかそういう事ではないのです。

作業量が多いのが大変なんです!

えぇ、これはもう私自身の問題なんですけどね。(;’∀’)

ちゃんと毎月帳簿をつけなさい!ってね。

確定申告の時期に、

一年分の帳簿をつけようとするから大変なんです。

これほんと今回実感しました。

そこに時間をとられました。

これからは

マイニング収入を毎日の時価とともに計上していかないと、

ほんと大変になりますね。

なので、

朝一のお仕事は前日のマイニング収入を

帳簿につけるとこからはじめる、

でもって月に一度は経理の日を作って

帳簿つけをすることを心に誓いました!

仮想通貨の勘定科目は?

帳簿付けの作業量が大変と前項に書きましたが、

その前に仮想通貨は勘定科目は何で入力するのか?と悩みました。

色々と調べると

販売目的→棚卸資産

トレーディング→棚卸資産

支払手段→その他の流動資産

投資→投資その他の資産

といった判断をされてるのが多かったです。

私は長期に保有なので

「投資その他の資産」に仮想通貨(モナコイン)の勘定科目を作りました。

売った時の勘定科目は、上記の目的によって変わってくるようです。

販売目的→売上高

トレーディング→売上高

支払手段→営業外収益

投資→特別利益、特別損益

ここだけ押さえて帳簿つけしておけば大丈夫かな。

さてさて来年の確定申告時期に慌てないよう

毎日コツコツと頑張ります!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトURL QRコード