仮想通貨、ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、アルトコインの情報をお伝えしていきます!

マイニングの確定申告は?国税庁の見解は?

マイニングの確定申告は?国税庁の見解は?

やってきましたよ確定申告のシーズン!

今年こそは早めに取り組もうと思ってます!って全然早くないですけどね。

もう来週からですよ。(;’∀’)

私は結婚前からフリーランスでお仕事してまして、

個人事業主の届け出をして青色申告をしてます。

なので、年に一度のことなのでワチャワチャしますけど

なんとかきちんと確定申告しています。

今年もいよいよ確定申告書作成しないとなーという時期になりまして

そーいえばマイニングの報酬はどう確定申告どーなるの?

仮想通貨は買ってるばかりで売りで収益をあげているという事はないので、

あんまり税金のこと気にしてなかったのですけど。

マイニングは所得よね?って。

なんか非常に面倒な匂いがプンプンですね。(;’∀’)

で、色々調べてみますと

仮想通貨についてのお達しが国税庁から出ているのですね。

国税庁
仮想通貨に関する所得の計算方法等について
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

マイニングについては最後にちょろっと記載があります。

いわゆる「マイニング」(採掘)などにより仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得の対象となります。
この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等に要した費用)を差し引いて計算します。
なお、マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価となります。

●マイニングは事業所得又は雑所得になる

わかります。

●収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)

えっ???

これっていつの時点での時価ですかね???(;’∀’)

着地地点がこれではわかりずらいですね。

とりあえず、取引所に送った時点の仮想通貨の時価をこれからは控えておこうかなと自己判断。

仮想通貨取引所によってその時の時価は違うはずですから、

取引所にコインを送って預け入れた時点での時価を基準とすることにしてみます。

引き続き仮想通貨の税関係はチェック!

幸いマイニングは2017年の12月にはじめたばかりです。

昨年度の申告が必要なほどのマイニング所得はありません。

ただ今年度以降、万が一にモナコインさんの値が高騰して、

確定申告必要なマイニング所得にならないとも限らないですよね。

なので今後も税金情報はチェックしていきたいと思います。

そんな混迷期ですので、対応する税務署も申告する人も???なのではないでしょうか。

2017年度の確定申告が終わった時期に、仮想通貨、マイニングの税金についての続報が出てきそうですよね。

そのあたりの見解をしっかりとチェックしていきたいです。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトURL QRコード