仮想通貨、ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、アルトコインの情報をお伝えしていきます!

LA Monacoin PoolのPoolのアドレスはどれを使えばいい?

My Hashrate

実際に、LA Monacoain Poolでマイニングを始めるときに、Poolのアドレスでちょっと戸惑ったので、記録として残しておきます。

LA Monacoain PoolのPoolのアドレスは、https://lapool.me/monacoin/index.php に書かれていますが、LA Monacoain Poolの場合、Poolのアドレスに可変Difficulty用と固定Difficulty用があって、ポートで分かれているんです。

参考にした記事が固定ポートを使ってたので、本来は自分のハッシュレートに応じて適切なポートを選択しなければいけないんだけれども、下のAKIBA PC Hotline!の記事に書かれていたハッシュレートなんかを参考に、自分のはこの辺かなぁと、それほど深い根拠なく選択して使っていました。

AKIBA PC Hotline!
「ゲームの空き時間にマイニング!GeForceで仮想通貨「モナコイン」を掘ってみた」
(https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/pcmining/1090087.html)

実は、当初は実力に応じてDifficultyを調整してくれる可変Difficultyの存在に気がついてなくて、後で「あっ、なんだこんな便利なものがあるんじゃん」と一度変えてみたことがあります。

が、ダッシュボードのShare InformationにあるInvalidの数字がもりもり増えていってるので、横に怒ったか顔もあるし、そもそもここの数字がなんなのかわかっていないというのもあるんですが、なんか怒られているようなので、元のそれほど深い根拠なく選んだポートに戻しました。こっちだと、0になるんですよね。(可変Difficultyの場合、このInvalidの値を参考に、Difficultyを調整しているのかもしれませんが)

Invalid_ga_takusan

そもそも、「これならこのポートを使ってください表(https://lapool.me/stratum-list/constant/)」の見方ががさっぱりわからなくて。。。これならという部分がどこの数値を指しているという説明がどこにも書いていないんです。経験者なら自明なんでしょうけど。

そんなこんなで、1週間程度使っていて、なんとなくここを見るんじゃないかなというのがわかってきました。

まず、ダッシュボードの下の方に、こんな記述があるのに気がつきました。

Hashrate_explanation

むふむ、ハッシュレートは過去1分間に提出されたShareに基づいたものか。これは、おそらく同じダッシュボードの中にあるプール情報の、

My Hashrate

とか(キャプチャしたときたまたま値が下がってしまっています)、Worker Informationの

WorkerInfomation

のここのことだろうなと。

そうすると、「これならこのポートを使ってください表(https://lapool.me/stratum-list/constant/)」の列にShare/60secというのがあるので、その列と、Workerの設定なので、Worker Informaionの設定するWorkerのHashrateを照らし合わせれば良さそうな気がします。

そうだとすると、結果的に、深い根拠なく選んでいたポートは正しかったようです。

ただ、数値的にはひとつ高いDifficultyのHashrateより若干少ない位なので、試しにひとつ高いDifficultyのポートでやってみたんですが、またもりもりInvalidの数字が増えていったので、あわてて元に戻しました。

そんなこんなで、とりあえず今は当初の深い根拠なく選んでいたポートでマイニングを行っています。

もっとも、表にはShare/10secとかRecommend (23 – 3.5 sec/share)とかの列もあるんですよね。これはなんのために書かれているんだろう。。。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトURL QRコード